皆さんはふるさと納税をご存知でしょうか?
巷では良く話題になっていますが、どこか難しそうで私は敬遠していました。
しかし、ふるさと納税で得をしたという話を聞くと、やはりやった方が良いのかなと思い始め、私も始めてみることにしました。
始めるにあたって色々調べたので、折角なのでご紹介します。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税の代表的なポータルサイトである「ふるさとチョイス」によると以下の通りです。

ふるさと納税とは、個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができます。
寄附する際には、自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらえます。

ここでのポイントは以下の通りです。

  • 住民税の2割をふるさと納税として寄付することができる
  • ふるさと納税で寄付すると「お礼の品」がもらえる
  • 2割のうち、2,000円は持ち出しとなるが、それ以外の部分は税金を払ったことにできる

以上をまとめると、2,000円のお金を払えば、今まで払っていた税金の一部(住民税の2割)を「お礼の品」に変えることができるということになります。
2,000円<「お礼の品」が成り立てば、やる価値があるということになりますね。

ふるさと納税で得するには最低いくら寄付が必要か?

上記でお話した通り、2,000円<「お礼の品」が成り立てば、ふるさと納税で得することになります。
では、「お礼の品」の価値がいくらになるのでしょうか?
これは貰う品物によって異なりますが、一般的には総務省からガイドラインが出ておりまして、寄付金の3割以下を「お礼の品」にするということになっています。

つまり、ふるさと納税で得をするのは2,000円分の「お礼の品」を貰える約7,000円以上を寄付すれば良いということが言えると思います。

ふるさと納税はいくらまでできるのか?

住民税の約2割が上限になりますので、人によって異なります。
会社にお勤めの方であれば、給与明細等を見れば分かると思いますが、手っ取り早く知る方法として、ポータルサイトで確認するという方法があります。
例えば、「楽天ふるさと納税」で確認する場合は、以下の「楽天ふるさと納税」のページに行くとページの中ほどにシミュレーターというツールがありますので、そこから知ることができます。

ふるさと納税の寄付の仕方

では、実際にどのように寄付をすれば良いのでしょうか?
これは、ふるさと納税を扱っているポータルサイトから行うことができます。
ポータルサイトはいくつかありますが、色々調べて私が使おうと思ったのは「楽天ふるさと納税」「ANAのふるさと納税」です。
「楽天ふるさと納税」はポイント還元が大きいのが強みです。
「ANAのふるさと納税」は100円の寄付で1マイルが貰えるというのが強みです。
あとは、ポイント等のサービスはないですが、品揃えということであれば「ふるさとチョイス」も便利です。

楽天ふるさと納税

楽天カードを使って寄付することで、多くのポイントを獲得することができます。
通常のポイント付与率は1%ですが、楽天カードを使うことで3~4%の上乗せがありますので、合計で5%以上の獲得率になってきます。
またお礼の品の検索も比較的やりやすいです。

ANAのふるさと納税

100円の寄付で1マイルを獲得することができます。
マイルを特典航空券に交換するのであれば、1マイルは3~5円くらいの価値にはなりますので、お得だと思います。

ふるさとチョイス

お礼の品の掲載数No.1のサイトです。
細かくカテゴリー分けされて品物を探せるので、どのような物があるか探したい場合は、まずはこちらを確認すると良いかもしれません。

まとめ

ふるさと納税は賢く使えば非常にお得な制度です。
ふるさと納税の寄付額の枠は1年毎に使い切っていく必要がありますので、計画的に実施していきましょう。