世界中のラウンジが使えるプライオリティパス。

今日はプライオリティパスが必要かどうかについて考えてみます。

プライオリティパスとは?

プライオリティパスとは航空会社の提供する世界中のラウンジを利用できる会員カードです。

通常、ファーストクラスやビジネスクラスを利用した場合に使えるラウンジが
エコノミークラスを利用の場合でも使えるようになります。

プライオリティパスを持つ必要はあるのか?

普段からファーストクラス、ビジネスクラスを利用されている方であれば、既にラウンジを使う権利はありますので必要ありません。

また、JALのJGCやANAのSFC等の航空会社の上級会員になっていれば、提携航空会社のラウンジ含め使えるので、こちらも必要ないと思います。

あと、基本的に国内線では使えるラウンジはありません。

私が持つに値すると思うのは以下の方たちです。

  • 国際線を利用する
  • エコノミークラスの便を利用
  • JALやANAの上級会員ではない
  • ラウンジを使って空港でゆっくりしたい

ちなみに私はJAL JGCやANA SFCを修行中に入会しました。

どうすれば手に入る?

お金を払えば会員にはなれますが、手っ取り早いのはプライオリティパスを付帯サービスにしているクレジットカードを持つことです。

対象のクレジットカードはいくつかありますが、コストパフォーマンスが高いのは楽天プレミアムカードです。

初年度は入会キャンペーン等あり、ほぼ負担なしで使えるので、まずはお試しで入ってみましょう。
使ってみた後、継続するか検討すればよいと思います。

なお、今なら最大15,000ポイント獲得のキャンペーンがあります。

詳細は↓から確認をお願いします。